www.xae-team.org

自動車保険にはこの記事をお読みの方も知っているかと思うのですが通称「等級」という略称で知られる指標が存在します。略さずに言うとノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、保険の掛け金にかなり大きく影響を与えています。等級という制度は、車の損害保険の被保険者の透明な料金設定を担保することが目標とすることで、トラブルを発生させる可能性またはクルマの損害保険を使用する見込みが大きければ大きいと認められるほど保険の料金が上がります。事故を起こす確率がより低く自動車の保険を使うと考えにくい利用者は、優秀な被保険者に相違ないと認定されることで、月額の掛金がぐっと押えられます。安全に運転しているドライバーの方がより優遇される仕組みとなっており自動車事故を生じさせやすい人にはデメリットのあるシステムであるといえるでしょう。等級というものは、危険度の低い運転手と事故リスクが大きい運転者の月々の掛金が同じ額だと割増で払わされていると考える客が多数であるため、自動車保険サイドにとってもリスクを減少させるために否応無しに欠くべからざる制度だと考えられるのです。ここで、等級という枠組みが詳しくは一体どのような制度なのか説明いたします。第一に、等級の数には1等級に始まり20等級まで存在し、数字が上昇するごとに保険の料金が割り引かれるようになっているのです。続いて、1等級から3等級までは割引されず、それどころか値段が上がり自動車事故を発生させて自動車の保険を使用すると等級が3つ引き下がってしまい、さらに負担が大きくなったクルマの損害保険を支払うことになるという仕組みになっています。最後に、新しくクルマの損害保険に契約するときは6等級から始まりになりその級から自分の数字が減っていくのか上がるのかはドライバーの手にかかっています。ですから、保険の掛け金を安くしたい運転手はアクシデントを防止するために余裕を持った運転に心がけるのが最も近道だといえるでしょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.xae-team.org All Rights Reserved.