どの場面で休めばよいのだろうか

ノートパソコンの前で止まることなく変動している為替相場を見るとすぐにトレードをしたいという欲求に突き動かされる方も多かったりします。

しかしながら、不明瞭な感覚で注文するのだけは、断じてしてはいけません。

確かに、相場は終日、常に為替市場は関いているし、マーケットもどういう時でも変化しています。

しかし、だからといって取引を繰り返していると、それだけ損失が生じる可能性が高くなります。

無論、注文の回数を経験することによって、じょじょに勝つ可能性が50%、50%になるのは周知の通りです。

しかしこの事は「漠然とした思いつきでトレード」することとは話が異なります。

注文回数を増やす事の意味は自ら「ここは勝てる」と考え付いた機会を得たケースでの取引回数を積むという事を意味します。

ただ、連続して取引を経験するのとははっきりと違う。

市場の戦いに臨むには自ずから考えてけじめをつけることが大事です。

「ここだ!」と思い至った市場の時には、思い切って所持ポジションを積み増して、思い切り儲けを求めます。

「ちょっと分かりにくい外国為替市場でどう上げ下げするのか理解できないな」と思ったならば、潔く保持ポジションをすべてクローズして静観します。

それくらいのメリハリをつける方が最後にはエントリーは勝てます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

まさに言葉どおりだと思います。

外国為替相場とは、いついかなる時でも売買ポジションを持つことが大切ではなく、どの売買ポジションも所持せず何もしないことも場合によっては、外国為替相場です。

それならば、どの場面で休めばよいのだろうか。

ひとつめは、先述した通り、最近の外国為替相場がしっかりと難しいときです。

今後高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は、ヘタに動くと、考えた台本とは逆にマーケットが推移してしまい損をする事になります。

そのため、そういうケースではポジションを無くして、そのまま何もぜずに静観を決め込むのが良い方法です。

第2に、あなたのコンディションがよくない時です。

体調と為替相場に関係ないと思う人もいますが実は思ったより関係がある。

体の調子が変な時は、市場の大事な局面で、正確な決断を下すことができません。

興味がわかない時は、トレードから離れてみるのも必要な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.xae-team.org All Rights Reserved.