全損と結論付けてマイカーの権利

『全損』とは名称通り車の全部が故障したことで、つまり走れないなど乗り物としての役割を果たさなくなった場面で使いますが、自動車保険で決められている(全損)は少なからず同義ではない内容があります。

保険の場合では乗用車が壊された時には〈全損と分損〉というように2つに分けられ《分損》は修復のお金が補償金内でおさまる場面を指し逆に『全損』とは修復の費用が保険金の額を上回ってしまうことを指します。

普通の場合、乗用車の修復で『全損』という状況では車の最重要のエンジンに決定的な破損を受けたり乗用車の骨組みが歪んでいたりして修繕が不可能である為再利用か廃棄となるのが常識です。

事故が発生して業者や自動車の保険屋さんがこの修理の費用を推定した時に例え見かけがしっかりとして元に戻すことができる場面でも修復のお金が保険よりも大きくては何の目的のために自動車の保険にお金を負担しているのか分からなくなってしまうでしょう。

そのような状況では、全損と結論付けてマイカーの権利を自動車保険の会社へ譲渡し補償額を頂くようになっています。

もちろん長い年月乗り続けた愛車でこだわりがあり、自分でお金を出して直してでも所持したいと思うひとはけっこういらっしゃいますから場合によって車の保険の会社と話すといいのかもしれません。

そして、 自動車保険の種類によってはそういうケースのために特約など『全損』の際に特約がある場合がたくさんあり不幸にも愛車が全損となっても新車購入などの諸経費を一定分補償してくれるサービスも存在したりします。

更に盗まれた際の保険金の特約をつけていると、被害にあった車がなくなったケースでも『全損』となり保険金が払われるようになっています。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.xae-team.org All Rights Reserved.