自分で見込んでいた事と

外国為替平衡操作(為替介入)というのはご存知ですか?日本銀行が為替の介入をして新聞、雑誌記事、報道番組、グーグルのニュースでご覧になったみなさんも多いと思います。

最初から為替介入というと日本の場合、・大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を実現できるように実施する措置と見なされています。

わかりやすく言うと、かなりの円高・円安になった際に財務大臣の命令に従って中央銀行である日銀が円の売買をして相場を安定させるというものです。

為替の介入には種類があるのです。

1.単独介入・・・政府もしくは日銀が、東京での市場において直接市場に加わって介入を行なう。

2.協調介入・・・複数の銀行などが協議しそれぞれの通貨当局のお金を使ってみんな一緒にないし続けて為替の介入を実行する。

3.委託介入・・・海外の通貨当局への為替介入を委ねる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が海外通貨当局に代えて介入を実行する。

こんなやり方があります。

どの場合の為替の介入も一時、もしくは継続して市場に大きい影響力を与えるはずです。

外国為替平衡操作(為替介入)の額はさすがに自分の国のプライドをかけているのですからスケールが大きいです。

円を元に例えると、日頃は少しだけ変化する為替相場が数円ずつの動きをするのです。

個人の投資家の方でしたらこれまでに体験していると思うのですがここまでは順当に含み資産(もしくは損失)が多いポジションを持っていたのに、保持している持ち高が決済したとの内容の報告が外為の会社からEメールが届き・・・いくらくらい儲けが出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済報告を確認したら、自分で見込んでいた事とはまったく反対の内容になってしまい驚いたというケースがあるのです。

為替介入が行なわれた際に多く聞く話なのです。

こういったことから介入が行なわれることで市場のトレンドと正反対の変動をするのです。

まして動く金の大きさはかなり大きく動くので用心が必要です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.xae-team.org All Rights Reserved.